仕事が決まったこと言いましたっけ?

夜より暗い夜明けは過ぎ、外は朝霧に包まれ始めていた。

霧が太陽に照らされ、眩しい光の乱反射で一寸先も見えない。それでもやみくも歩くと、何かにぶつかったようだった。どうやらバスの停留所らしい。ふと遠くに目をやると、二つのライトが霧を切り裂くように向かってくるのが見えた。

 

端的にいうと、4月からの仕事が決まったのだった。

 

アルバイトで応募したところが非常勤職員の募集もしており、面接時に資格とキャリアプランの話をしたことがきっかけで非常勤職員の職を与えてくれたのだ。アルバイトのつもりが非常勤ながら職を得てしまった。驚きだ。

 

チャンスとはバスのようなものだという。待っていれば必ず来る、来たら乗るしかない。乗る準備が出来ていればさえすれば。これはきっとそのバスだ。私にもバスが来たようだった。

 

働かずに生きて2ヶ月13日、こうして私は突如現れたバスに乗りこむこととなった。レールはもう遠に過ぎ、2ヶ月歩いてきた場所は私の足跡だけが付いている。2ヶ月、長いようで短かった。会社を辞め、新しい仕事にチャレンジし、失敗したこと。寝て、起きて、食事をしたこと。たくさんの場所に出かけ、たくさんの人と会い、失った「私」を掻き集めたこと。旅行に飲み会、遊びに遊んで人生の豊かさを感じたこと。友人に家族、恋人がいる素晴らしさに泣いたこと。黄金の午後を過ごしたこと。夜明けの暗さに身を震わせたこと。

 

バスの降車ボタンを押す。2ヶ月、2ヶ月の日々は毎日がYESだった。いろんなことがあった。不眠症にもなったし、情緒も不安定だ。それでもYESだった。失った「私」を両手いっぱいに掻き集め進んだのだ。歩き、走り、倒れ、転ぶ。それでも私は「私」を集められた。もう次に進むハートも、傷つく勇気も、少しだけれどあるはずだ。YES、YESだ!

 

バスを降りると2ヶ月歩いてきた場所より更に歩きにくい土地が待っていた。霧で相変わらず一寸先は見えず、一歩進むたびにどっと疲れる。それでも朝の強い太陽光が背中で感じられた。朝はシリアスな現実と人生の憂鬱さで満ちている。そして光と希望も満ちていた。

次に進むため、私は「私」を抱えながら

一歩を踏み出したのだった。

 

……………………………………

一括りがついたので、感謝を伝えたい。

このブログを読んでいると伝えてくれる方がいたことは本当に嬉しかった。自己満足と悲劇のヒロインぶった阿保、醜い装飾がついた読みにくい文章によって形つくられたブログだと言うのに読んでいる方がいるとは!さらにブログを読んでメッセージをくれる方まで現れた!ありがたいことである。

今後もブログは続けるつもりだ。自己満足と悲劇のヒロイン、デコラティブな文章はやめれないのだが(すごく楽しいからだ)とにかく、この2ヶ月ブログを読み、さらにメッセージをくれた方々に感謝を!

 本当にありがとうございました。 佐々木