仕事が決まったこと言いましたっけ?

夜より暗い夜明けは過ぎ、外は朝霧に包まれ始めていた。 霧が太陽に照らされ、眩しい光の乱反射で一寸先も見えない。それでもやみくも歩くと、何かにぶつかったようだった。どうやらバスの停留所らしい。ふと遠くに目をやると、二つのライトが霧を切り裂くよ…

北海道の日々2

3月3日、私は睡魔と共に成田にいた。前日の深夜、旅行の楽しみである化粧道具の小分けに励みすぎたからだ。(女は小分けという言葉に目がない生き物だ。さらに小瓶となれば祭気分になり、小瓶に液体を詰み変えることはいわば正月&盆騒ぎである)眠気と戦いなが…

北海道の日々

2月27日、私は食後の電気ブランを舐めていた。彼の太宰治が『人間失格』で「酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはない」と書いた通り、悪酔に向いている名酒である。40度の黄金色は、現実から飛び立つエンジンそのものだ。飽きもせず舐め続けて…

2か月の日々

働かずに生きてもう2か月も経ってしまった。 2か月、1年の6分の一を無職で過ごしたということだ。 周りの人から「ブログを更新しないのか」と聞かれるたびに「いやぁ、面白いことなんざ何一つ起きてやしねぇんで」などと江戸っ子らしく返事をしていた。…

2週間の日々

仕事を辞めて2週間が経った。これで私も一端のニートである。 といっても、あまりニートとしての実感がなく時々「ニートじゃん」などと言われると強いショックを受けたりしている。出来れば私はニートという言葉でなく「働かずに生きる」という言葉を用いた…

会社を辞めたこと言いましたっけ?

2017年が始まり、365日はすでに7%消費された。 残りは93%。私はその7%のあいだ、人生のレールを変えるレバーを力強くひいた。 かっこよく言ってはいるが、結論から言うと 新卒で入った会社を辞めたのだった。 会社を辞める 1月15日付で会社を辞めた。…